研究に関するお知らせ

ホームへ戻る

当院で原発性肺がんの手術を受けられた方へのお知らせ

研究の意義・目的

多施設にて完全切除された肺気腫合併肺線維症(CPFE)合併原発性非小細胞肺癌における、臨床病理学的因子や予後における検討を行います。CPFEのようなハイリスクとなる背景に有する方の手術適応に関して得られる恩恵は大きいと考えられます。

研究の方法

当院を含む下記の多施設にて2008年1月?2010年12月に原発性肺がんの手術を受けられた方を対象として疫学研究(課題名「多施設における肺気腫合併肺線維症(CPFE)合併原発性非小細胞肺癌症例の検討」)を行っております。

CPFEの程度や範囲と診療情報,肺がんの性質,術後の再発の有無や生存の有無との関連性の評価を多施設で行う研究です。

研究で使用させていただく診療情報:

  1. 性別,年齢などの基本的な情報
  2. 血液所見やCT,PETなどの検査に関する情報
  3. 手術所見や切除組織に関する情報
  4. 術後治療や再発,生存、在宅酸素に関する情報
研究期間
承認後?平成27年3月31日
研究機関名
近畿大学附属病院 外科 呼吸器外科部門
広島大学病院呼吸器外科
神奈川県立がんセンター呼吸器外科
順天堂大学呼吸器外科
聖マリアンナ医科大学呼吸器外科
東京医科大学外科学第一講座
国立がん研究センター東病院呼吸器外科
大阪大学医学部附属病院呼吸器外科
がん研有明病院呼吸器外科
個人情報について
お名前・生年月日・住所などの個人情報に関わるデータは一切使用いたしません。

※この研究は近畿大学の倫理審査委員会の審査・承認を得ております。倫理委員会委員の名簿・議事録の要旨および手順書についてはhttp://www.med.kindai.ac.jp/rinri/から確認できます。
※説明を希望される方は下記にご連絡ください。
※本研究に資料を提供したくない場合はお申し出下さい。お申し出頂いても今後の診療等に不利益が生ずることはありません。


近畿大学医学部 呼吸器外科学
光冨徹哉(研究責任者)
岩崎拓也(担当者)
TEL:072-366-0221(3111)

このページの最上部へ戻る