一般の方へ 診療案内

ホームへ戻る

内視鏡外科内視鏡外科手術の適応疾患

当院における適応について述べます。

呼吸器・縦隔疾患

気胸(ブラ破裂によるもの)・肺腫瘍(良性・悪性)・胸壁腫瘍・縦隔腫瘍など

消化器疾患

  • 食道粘膜下腫瘍・食道アカラシア・食道裂肛ヘルニア
  • 胃癌
  • 胃粘膜下腫瘍・GISTなど
  • 腹腔内リンパ節腫大(生検)
  • 胆石症・総胆管結石
  • 膵腫瘍(体・尾部)(インスリノーマ,ガストリノーマ)
  • 肝腫瘍(良性・悪性)
  • 脾腫瘍・脾肥大
  • 小腸腫瘍・小腸間膜腫瘍
  • 癒着性腸閉塞(保存的治療により腸管拡張の改善した症例)
  • 虫垂炎
  • 大腸憩室症・大腸良性腫瘍・潰瘍性大腸炎(二期手術)
  • 結腸癌・直腸癌
  • 腹壁瘢痕ヘルニア
  • 鼡径ヘルニア

内分泌疾患

副腎腫瘍(原発性アルドステロン症,褐色細胞腫)

小児科疾患

小児外科部門参照
以上の適応疾患で、内視鏡手術を希望されても,術中に手技が困難と判断した場合には、安全で精度の高い手術を行うために、開腹(胸)手術に移行する可能性があります。

このページの最上部へ戻る