一般の方へ 診療案内

ホームへ戻る

小児外科先天性食道閉鎖症

先天性食道閉鎖症

生まれつき食道が途中で途切れている病気です。赤ちゃんが生まれる前のお母様のお腹が、通常よりも大きい(羊水過多)であることが多いです。ふつうこの病気の赤ちゃんはミルクが飲めないために、生まれてから数日以内に診断がつき、産科・小児科の先生から小児外科の方に紹介されてきます。

最初の症状としては口から泡状の唾液を多量に流すということで気がつかれます。約90%の患者さんでは胃側の食道は気管とつながっています。残りの約10%の患者さんでは気管と食道の繋がりはありません(図参照)。

診断がつけば、手術を行います。手術は胃側の食道が気管とつながっている場合には、まずその部分を切り離し、その後に離れた口側の食道と胃側の食道をつなぎます。

ふつうは食道の手術をするのに、胸を大きく切開して手術をするのですが、私たちの小児外科では腋の下で腋をとりまくように4cmほどの切開だけで手術をしています。この方法だと傷跡が腕に隠れてほとんど目立ちません。また筋肉をあまり切らないために、手術後の運動機能障害もないとされています。平成17年以降この方法で4人の子供さんの手術をしましたが、術後合併症もなく、順調に経過されています。

またこの病気は、他に心臓や腎臓、消化管の異常を合併することが多い病気です。このため心臓外科や泌尿器科、小児科とともに治療する体制が必要となってきます。

このページの最上部へ戻る