お知らせ

ホームへ戻る

胃癌 腹膜転移(腹膜播種)に対するパクリタキセル腹腔内投与療法の自由診療について

スキルス胃癌などで生じることが多い腹膜転移(腹腔洗浄細胞診陽性(CY1)を含む)に対しては、腹腔内に抗癌剤(パクリタキセル)を直接注入する治療法(腹腔内化学療法)が有効だと考えられています。しかしこの治療法は、現在のところ保険が適応されていません。

そのため、近畿大学病院外科学教室ではこれまで、厚生労働省が定めた「先進医療」や「患者申出療養制度」という制度に基づいて本治療を実施してきました。しかし「患者申出療養制度」は2017年6月27日に、「先進医療」は2018年4月26日に終了しており、現時点ではこれらの制度を用いて腹腔内化学療法を受けることができません。

それでも「腹腔内化学療法を受けたい」という患者さんは数多くおられます。そのご希望に応えるため、近畿大学病院外科学教室では、本治療法が保険適応されるまでのあいだ自由診療によるパクリタキセル腹腔内投与療法を実施できる体制を整えました。

詳細は近畿大学病院 がん相談支援センターまでお問い合わせください。

近畿大学病院 がん相談支援センター
担当:林看護師、柏田看護長
電話番号:072-366-7096
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2

このページの最上部へ戻る