一般の方へ 診療案内

ホームへ戻る

肝臓・胆道・膵臓

はじめに

私達は、外科的治療を武器として、肝臓、胆嚢を含む胆道、膵臓の良性・悪性疾患にかかられた患者様の生命と生活の質の維持を目指す専門医の集団です。昨年に引き続き、日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医修練施設A基準(年間高難度手術50例以上)を満たしました。2016年4月より腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術、リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下膵体尾部切除術が保険収載となりました。腹腔鏡下膵切除を取り巻く環境(特に膵癌に関して)が変わる中、high volume centerとして他施設をリードするため積極的に取り組んでいます。

肝胆膵グループでは、悪性腫瘍を対象とした手術として主なものに、原発性肝癌や転移性肝癌に対し肝切除術やラジオ波焼灼療法、胆管癌や膵頭部癌に対し膵頭十二指腸切除術、膵体尾部癌に対し膵体尾部脾合併切除術を行っています。良性疾患を対象とした手術として、胆石症に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術、膵良性腫瘍に対し膵中央切除術や腹腔鏡下膵切除術、慢性膵炎に対しフライ手術、脾腫に対し腹腔鏡補助下脾摘出術などを行っています。2015年5月からは、少しでも手術待ちを緩和するため、胆石症など腹腔鏡下胆嚢摘出術を土曜日(月2回)にもおこなっています。

肝胆膵外科医のみならず消化器内科医、腫瘍内科医、放射線治療医をふくむ多種の専門医の協力による診断と治療の実践し、現在提供できる最良で安全な医療を提供することをこころがけています。

2015年の主な疾患の手術症例数は以下の通りです。

肝細胞癌 29
肝内胆管癌 12
転移性肝癌 31
肝嚢胞/腺癌1
74
胆嚢結石 87
総胆管結石5
胆管癌 14
乳頭部癌 5
胆嚢癌 9
胆嚢polyp3
胆嚢炎12
総胆管嚢腫 1
135
通常型膵癌 47
IPMN 25
MCN2
SPT 2
内分泌腫瘍 4
慢性膵炎 19
重症急性膵炎 7
膵嚢胞1
107
脾疾患他 25
総計 341

肝臓では、主として肝細胞癌と転移性肝癌を手掛けています。

肝細胞癌では、手術前の血液検査と画像診断から独自の方法で腫瘍悪性度を判断し、さらに背景にあるウイルス性肝炎や肝硬変などを合併することが多いため、肝臓の予備力を十分に考慮した上で治療法を決定しています。進行した肝癌に対しては拡大肝切除により根治的治療を目指す一方、肝硬変のある患者様には体への負担の少ない腹腔鏡手術や、ラジオ波焼灼治療などを積極的に行っております。特に、腹腔鏡を用いた肝癌治療では関西圏ではトップの症例数を経験しています。また、肝切除後の合併症対策を積極的に取り入れた結果、術後2週間での退院も可能となってまいりました。

当科は全国的にみても有数の消化管腫瘍の治療センターであり、その経過で合併する肝臓へ転移した癌(転移性肝癌)に対しては、根治的肝切除術とラジオ波焼灼治療を併用して治療しています。また、当科の腫瘍免疫研究グループと協同してこれらの外科治療と予防的免疫化学療法を組み合わせて転移性肝癌の治療において良好な成績を得ています。

当科は全国的にみても有数の消化管腫瘍の治療センターであり、その経過で合併する肝臓へ転移した癌(転移性肝癌)に対しては、根治的肝切除術とラジオ波焼灼治療を併用して治療しています。また、当科の腫瘍免疫研究グループと協同してこれらの外科治療と予防的免疫化学療法を組み合わせて転移性肝癌の治療において良好な成績を得ています。

胆道の悪性疾患である胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌や、膵臓の悪性疾患である膵臓癌に対しては、切除可能な場合は根治手術を行います。これら癌に対する根治手術では周囲の組織を含めて大きく切除するため、患者様の身体への負担が大きくなります。しかし、その割には進行癌ではいまだに成績が芳しくありません。当科では、取りきれると判断した場合には、血管合併切除を含めた拡大根治手術を行いますが、取りきることができないと判断した場合は、放射線や薬剤による治療を組み合わせて生活の質を確保することを心がけています。

また、最近では検査法の進歩により従来は見つけられなかった膵臓の疾患が見つかるようになっています。特に、膵臓の腫瘍性嚢胞は放置すると悪性化することから、手遅れになる前に手術する必要があります。この手術においては、できるだけ切除する範囲を少なくことが合理的であり、私達もこの考え基づいて合理的縮小手術を積極的に行っています。

さらに、膵炎は急性と慢性に分かれますが、どちらも治療が難しい病気です。急性膵炎に細菌感染を合併した場合や、慢性膵炎の際の内科的治療で取り去ることのできない痛みに対して、手術が行われます。私達は、この両者に多くの経験を有しており、特に慢性膵炎の外科治療に関しては近畿圏ではトップクラスの症例数を経験しています。外科治療だけでなく生活指導も含め、慢性膵炎でお悩みの方のお力になれると思います。

チーフからのメッセージ

肝胆膵疾患には様々な種類の治療の困難な病気が多く、それだけにやりがいのある領域です。私達は外科医ですが、手術のみでなくすべての治療法を駆使して、患者様の生活の質を落とさずに病気を克服できる治療法を個々の患者様とともに模索していく姿勢で、日々の診療に臨んでいます。インターネットなどを通じて、お気軽に御相談ください。

このページの最上部へ戻る