研究に関するお知らせ

ホームへ戻る

近畿大学病院外科で、外科的切除後の切除標本の病理組織診断にて通常型膵癌と診断され,S-1単独の術後補助療法を施行された患者様・ご家族の皆様へ  (1.0版)

近畿大学病院外科(以下、当科)では、「実臨床データを用いた膵癌術後補助化学療法の至適投与期間に関する検討」という臨床研究を行っています。そのため、2014年1月~2018年12月の間に、当科で外科的切除後の切除標本の病理組織診断にて通常型膵癌と診断され、S-1単独の術後補助療法を施行された患者様の診療情報を使用させていただきますので、以下の内容を確認してください。
なお、この研究は、近畿大学医学部倫理委員会(https://www.med.kindai.ac.jp/rinri/index.html)で審査され、承認を受けて行われます。

  1. 情報の利用目的及び利用方法

    この研究では、膵癌切除後の術後補助療法S-1術後補助療法の施行方法(開始時期および投与期間)と予後との関連性について調べることを主な目的としています。そのため、当科で外科的切除後の切除標本の病理組織診断にて通常型膵癌と診断された患者様のうち、S-1単独の術後補助療法を施行された方を対象として、診療情報のみを研究に利用します。利用する情報は、患者様個人が特定されないように匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。なお、それらの情報を他の機関へ提供することはありません。

  2. 利用する情報の項目

    1. 患者背景:性別(M/F)、年齢(歳)、PS(0/1/2-)、術前治療(-/+)、術前治療有の場合は、その内容(S-1含む/含まない)、CA19-9(U/ml)、切除可能性分類(R/BR/UR)(※NCCN Guideline(2020)に基づく)
    2. 手術因子:手術日(日)、術式(PD/DP/TP)、手術時間(分)、出血量(ml)、術後合併症(Clavien-Dindo分類grade 3以上)(-/+))(※Clavien-Dindo classificationに基づく)
    3. 病理:T(1/2/3/4)、N(0/1)、M(0/1)、Stage(IA/IB/IIA/IIB/III/IV)、腫瘍径(cm)、組織型(高分化型腺癌/中分化型腺癌/低分化型腺癌/ほか)、R(0/1)(※UICC-TNM分類第8版に基づく)
    4. S-1術後補助療法:開始日(日)、開始までの期間が70日以上の場合は開始が遅れた理由(術後合併症/PS悪化/本人都合/ほか)、終了日(日)、終了状況(完遂/非完遂)、非完遂の場合は、その理由(再発/有害事象/PS悪化/ほか(自由記載))、内服方法(補助療法期間中に最も頻度が高かったもの)(4投2休/2投1休/ほか(自由記載))投与量(補助療法期間中に最も頻度が高かったもの)(減量なし/1段階減量/2段階減量)
    5. 予後:術後再発(-/+)、再発日(日)(再発がある場合のみ)、再発形式(局所/遠隔/両方)、最終確認日(日)、術後死亡(-/+)、死因(膵癌(原癌死)/ほか(自由記載))(死亡例のみ)
  3. 利用する者の範囲

    本研究に参加する当科の医師
    多施設共同研究責任者:大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 教授 江口英利

  4. 情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称

    近畿大学病院外科 准教授 松本逸平
    大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 教授 江口英利

  5. 研究対象者の求めに応じて、研究対象者の情報の利用を停止すること

    この研究では、患者様・ご家族様の診療情報が利用されることに同意できず、拒否されたい場合に、下記の方法により、いつでもその利用を停止することが可能です。また、利用の停止を受け付けた場合でも、その後の診療において一切の不利益を受けることはありません。

  6. 上記5.の求めを受け付ける方法

  7. 下記までご連絡ください。なお、この研究に関するすべてのお問い合わせも下記で受け付けます。

    お問い合わせ先
    近畿大学病院外科 松本逸平
    電話:072-366-0221(内線 3111) FAX:072-367-7771

幽門側胃切除後の尾側膵切除の安全性に関する検討 -国内多施設共同研究- について

研究課題名

幽門側胃切除後の尾側膵切除の安全性に関する検討 -国内多施設共同研究-

研究の対象となる方

2009年1月1日から2019年12月31日の間に近畿大学病院および、日本膵切研究会参加施設で、幽門側胃切除後の膵体尾部切除術を受けられた方

研究の目的・意義

幽門側胃切除の既往のある方で、膵体尾部切除術が必要になる場合があります。
その際、膵切除に伴って残胃の血流が低下するため、残胃炎や残胃潰瘍、胃内容停滞、胃穿孔などの術後合併症を生じることが知られています。このような術後合併症の発症に影響を及ぼす原因を明らかにすることができれば、より質の高い安全な膵切除、ならびに術前・術後の対応策を講じることができます。本研究で、膵体尾部切除術が残胃に虚血をもたらす要因を明らかにし、今後のより安全な周術期管理および外科療法の改善に役立てたいと考えています。

研究の方法

電子カルテおよび病院保管資料から血液生化学検査(血算、栄養状態、肝機能、膵機能、腎機能、腫瘍マーカー)や画像所見(超音波、CT、MRI、内視鏡検査)、臨床経過(症状、現病歴、既往歴、手術術式、合併症の種類、胃虚血の有無、再発の有無と期間、生死の有無と期間)のデータを抽出し、幽門側胃切除後の膵体尾部切除術の安全性、特に残胃虚血に影響を与える因子について、統計学的に解析します。参加施設からのデータは島根大学医学部消化器・総合外科学講座へ郵送されます。収集したデータは、島根大学医学部消化器・総合外科学講座の外部から容易にアクセスできないパソコンで厳重に管理します。研究対象者(患者さん)の識別は研究用の識別番号により行います。個人情報が識別できないようにその対応表は収集データとは別に、施錠可能な場所で研究責任者が適切に保管します。研究に関するデータ及び関連資料は研究の終了を報告してから少なくとも5年間保管し、その後匿名化した状態で廃棄(消去)します。

研究の期間

倫理委員会承認後~2025年12月31日

研究組織

この研究は島根大学医学部消化器・総合外科学講座が主体となり、全国の日本膵切研究会参加施設と共同で研究を行います。参加施設は下記の通りです。

研究代表者(研究で利用する情報の管理責任者):
島根大学医学部医学部消化器・総合外科学講座 田島義証

当院では下記の研究責任者が情報の管理を行います。
研究責任者:近畿大学病院 肝胆膵外科 竹山宜典

情報の利用停止

ご自身の情報をこの研究に利用してほしくない場合には、ご本人または代理人の方からお申し出いただければ利用を停止することができます。

相談・連絡先

この研究について、詳しいことをお知りになりたい方、ご自身の情報を研究に利用してほしくない方、その他ご質問のある方は次の担当者にご連絡ください。

研究責任者:近畿大学病院 肝胆膵外科 竹山宜典
研究事務局担当者:近畿大学病院 肝胆膵外科 松本逸平

〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
電話 072-366-0221  FAX 072-367-7771

1 札幌厚生病院 田原 宗徳
2 国家公務員共済組合連合会 斗南病院 奥芝 俊一
3 札幌医科大学 竹政 伊知朗
4 手稲渓仁会病院 安保 義恭
5 北海道大学大学院医学研究科 武冨 紹信
6 北海道大学医学研究院 平野 聡
7 イムス札幌消化器総合中央病院 田中 栄一
8 北海道消化器科病院 森田 高行
9 北海道勤労者医療協会 勤医協中央病院 吉田 信
10 旭川医科大学 古川 博之
11 帯広厚生病院 大野 耕一
12 弘前大学大学院医学研究科 袴田 健一
13 岩手県立中央病院 宮田 剛
14 岩手医科大学 佐々木 章
15 東北大学大学院医学系研究科 海野 倫明
16 山形大学大学院医学系研究科 元井 冬彦
17 山形県立中央病院 飯澤 肇
18 茨城県立中央病院 吉見 富洋
19 筑波大学医学医療系 小田 竜也
20 土浦協同病院 伊東 浩次
21 東京医科大学茨城医療センター 鈴木 修司
22 獨協医科大学 窪田 敬一
23 栃木県立がんセンター 菱沼 正一
24 とちぎメディカルセンター しもつが 児玉 多曜
25 済生会宇都宮病院 篠崎 浩治
26 那須赤十字病院 田村 光
27 自治医科大学 佐田 尚宏
28 太田記念病院 谷 紀幸
29 自治医科大学附属さいたま医療センター 力山 敏樹
30 さいたま市立病院 竹島 薫
31 埼玉医科大学国際医療センター 岡本 光順
32 埼玉医科大学総合医療センター 別宮 好文
33 防衛医科大学校 岸 庸二
34 深谷赤十字病院 伊藤 博
35 千葉大学大学院医学研究院 大塚 将之
36 千葉県がんセンター 高山 亘
37 日本医科大学千葉北総病院  鈴木 英之
38 国立がん研究センター東病院 髙橋進一郎
39 千葉労災病院 草塩 公彦
40 帝京大学ちば総合医療センター 清水 宏明
41 東京歯科大学 市川総合病院 瀧川 穣 
42 船橋市立医療センター 貝沼 修
43 国保直営総合病院 君津中央病院 海保 隆
44 東京慈恵会医科大学 池上 徹
45 赤坂見附 前田病院  岩郷 俊幸
46 東京医科歯科大学 田邉 稔
47 日本医科大学 中村 慶春
48 がん・感染症センター 都立駒込病院 脊山 泰治
49 東京女子医科大学東医療センター 塩澤 俊一
50 公益財団法人がん研究会有明病院 髙橋 祐
51 東邦大学医療センター大森病院 大塚 由一郎
52 東邦大学医療センター大橋病院 渡邉 学
53 東京医科大学 土田 明彦
54 慶応義塾大学医学部 北川 雄光
55 東京女子医科大学消化器病センター 山本 雅一
56 杏林大学医学部付属病院 阪本 良弘
57 国立病院機構災害医療センター 伊藤 豊
58 八王子消化器病院 原田信比古
59 東京医科大学八王子医療センター 河地 茂行
60 公立福生病院 次田 正
61 日本医科大学多摩永山病院 横山 正
62 帝京大学医学部 佐野 圭二
63 日本鋼管病院 清水 壮一
64 日本医科大学武蔵小杉病院 谷合 信彦
65 聖マリアンナ医科大学 大坪 毅人
66 川崎市立川崎病院 相浦 浩一
67 昭和大学藤が丘病院 田中 邦哉
68 北里大学医学部 隈元 雄介
69 横浜市立大学 遠藤 格
70 東海大学医学部 中郡 聡夫
71 湘南藤沢徳洲会病院 宗像 博美
72 新潟県立中央病院 青野 高志
73 新潟大学大学院 若井 俊文
74 富山大学  藤井 努
75 済生会富山病院 坂東 正
76 富山市立富山市民病院 竹下 雅樹
77 金沢大学 八木 真太郎
78 福井大学医学部 五井 孝憲
79 福井県済生会病院 寺田 卓郎
80 山梨大学医学部 市川 大輔
81 群馬大学 調 憲
82 佐久総合病院佐久医療センター 渡辺 仁
83 信州大学医学部外科学教室 副島 雄二
84 伊南行政組合 昭和伊南総合病院 織井 崇
85 岐阜大学 吉田 和弘
86 大垣市民病院 金岡 祐次
87 浜松医科大学附属病院 森田 剛文
88 聖隷三方原病院 藤田 博文
89 名古屋医療センター 竹田 伸
90 愛知県がんセンター 清水 泰博
91 名古屋大学大学院医学系研究科 山田 豪
92 名古屋市立大学医学部 松尾 洋一
93 名古屋セントラル病院 中尾 昭公
94 藤田医科大学ばんたね病院  堀口 明彦
95 藤田医科大学 宇山 一朗
96 愛知医科大学 佐野 力
97 三重大学大学院医学系研究科 水野 修吾
98 松阪市民病院 加藤 憲治
99 松阪中央総合病院 田端 正己
100 滋賀医科大学 谷  眞至
101 大津赤十字病院 土井 隆一郎
102 長浜赤十字病院 塩見 尚礼
103 京都府立医科大学 大辻 英吾
104 京都大学医学研究科 増井 俊彦
105 京都第一赤十字病院 谷口 史洋
106 公益社団法人京都保健会 京都民医連中央病院 陳 孟鳳
107 社会福祉法人 京都社会事業財団 京都桂病院 若園 吉裕
108 淀川キリスト教病院 岩崎 武
109 (公財)田附興風会医学研究所 北野病院 寺嶋 宏明
110 大阪府済生会中津病院 田中 賢一
111 大阪市立総合医療センター  金沢 景繁
112 大阪国際がんセンター 高橋 秀典
113 大阪医療センター 宮本 敦史
114 大阪警察病院 浅岡 忠史
115 大阪市立大学大学院医学研究科 久保 正二
116 大阪大学大学院医学系研究科 江口 英利
117 大阪医科大学 内山 和久
118 関西医科大学 里井 壯平
119 近畿大学医学部 竹山 宜典
120 大阪労災病院 辻江 正徳
121 堺市立総合医療センター  中平 伸
122 地方独立行政法人 りんくう総合医療センター  種村 匡弘
123 ベルランド総合病院 小川 雅生
124 神戸大学大学院医学系研究科 福本 巧
125 神戸市立医療センター中央市民病院 貝原 聡
126 一般財団法人 甲南会 甲南医療センター 具 英成
127 明和病院 山中 若樹
128 兵庫医科大学 波多野 悦朗
129 近畿大学奈良病院 湯川  真生
130 天理よろづ相談所病院 待本 貴文
131 奈良県立医科大学 庄 雅之
132 和歌山県立医科大学 山上 裕機
133 島根大学医学部 田島 義証
134 鳥取大学医学部 藤原 義之
135 岡山大学病院 八木 孝仁
136 川崎医科大学 上野 富雄
137 倉敷中央病院 河本 和幸
138 広島市立広島市民病院 塩崎 滋弘
139 地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院 小橋 俊彦
140 広島大学大学院 医系科学研究科 髙橋 信也
141 広島大学病院 大段 秀樹
142 国家公務員共済組合連合会 広島記念病院 村上 義昭
143 福山市民病院 高倉 範尚
144 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 田代 裕尊
145 JA広島総合病院 佐々木 秀
146 宇部興産中央病院 福田 進太郎
147 山口大学大学院 永野 浩昭
148 高松赤十字病院  石川 順英
149 香川大学医学部 鈴木 康之
150 愛媛大学大学院医学研究科 高田 泰次
151 愛媛県立中央病院 大谷 広美
152 一般財団法人永頼会 松山市民病院 木村 真士
153 松山赤十字病院 西崎 隆
154 高知医療センター 岡林 雄大
155 北九州市立医療センター 西原 一善
156 戸畑共立病院 宗 宏伸
157 国立病院機構九州医療センター 髙見 裕子
158 社会医療法人社団至誠会 木村病院 木村 寛
159 九州大学大学院医学研究院 中村 雅史
160 福岡大学医学部 長谷川 傑
161 久留米大学 奥田 康司
162 飯塚病院 梶山 潔
163 佐賀大学医学部 能城 浩和
164 長崎大学大学院 江口 晋
165 長崎医療センター 黒木 保
166 佐世保市総合医療センター  角田 順久
167 熊本大学大学院生命科学研究部 馬場 秀夫
168 大分赤十字病院 福澤 謙吾
169 宮崎大学医学部附属病院  七島 篤志
170 鹿児島厚生連病院 徳重 浩一
171 鹿児島市医師会病院 石崎 直樹
172 鹿児島大学病院 大塚 隆生
173 琉球大学医学部 高槻 光寿
174 中頭病院 下地 勉
175 沖縄県立中部病院 村上 隆啓
176 社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 福本 泰三

近畿大学病院外科で膵神経内分泌腫瘍に対する治療を受けられた患者様・ご家族の皆様へ

近畿大学病院外科(以下、当科)では、「膵神経内分泌腫瘍に対する外科的切除症例に関する後ろ向き研究」という臨床研究を行っています。そのため、当科で膵神経内分泌腫瘍に対する治療を受けられた患者様の診療情報を使用させていただきますので、以下の内容を確認してください。なお、この研究は、近畿大学医学部倫理委員会で審査され、承認を受けて行われます。

①情報の利用目的及び利用方法

この研究では、膵神経内分泌腫瘍において外科的切除後の再発の頻度、再発リスク因子を同定するについて調べることを主な目的としています。そのため、当科で膵神経内分泌腫瘍に対する治療を受けられた患者様のうち、①1996年1月から2019年12月までに膵切除術が行われ、病理診断にて膵神経内分泌腫瘍と診断されている、②切除標本において免疫染色が施行され、 膵神経内分泌腫瘍を特定するマーカーが判明している、③WHO2019分類に基づいた悪性度分類が可能な患者さんを対象とし、診療情報のみを研究に利用します。利用する情報は、患者様個人が特定されないように匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。なお、それらの情報を他の機関へ提供することはありません。また、本試験で得られたデータは二次利用する可能性がありますが、その際は改めて本学倫理委員会に申請し承認を得たうえで使用します。

②利用する情報の項目

  • カルテ情報(年齢、性別、診断名、臨床病期、治療方法、予後に関する情報)
  • 各種検査結果(血液検査・細菌検査・病理学的検査・画像検査)

③利用する者の範囲

近畿大学病院 外科 竹山 宜典、松本 逸平、川口 晃平
国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科 肱岡 範

④情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称

近畿大学病院外科学教室 肝胆膵外科部門 竹山 宜典

⑤研究対象者の求めに応じて、研究対象者の情報の利用を停止すること

この研究では、患者様・ご家族様の診療情報が利用されることに同意できず、拒否されたい場合に、下記の方法により、いつでもその利用を停止することが可能です。また、利用の停止を受け付けた場合でも、その後の診療において一切の不利益を受けることはありません。

⑥上記⑤の求めを受け付ける方法

下記までご連絡ください。なお、この研究に関するすべてのお問い合わせも下記で受け付けます。

[お問い合わせ先]
近畿大学病院外科学教室 肝胆膵外科部門 川口 晃平、松本 逸平、竹山 宜典
電話:072-366-0221 FAX:072-367-7771

近畿大学病院で膵臓疾患に対する治療を受けられた患者様・ご家族の皆様へ

近畿大学病院(外科)(以下、当科)では、「膵臓⼿術の結果に関する国際スナップショット調査」という臨床研究を行っています。そのため、膵臓手術を受けられた患者様の診療情報を使用させていただきますので、以下の内容を確認してください。なお、この研究は、近畿大学医学部倫理委員会(https://www.med.kindai.ac.jp/rinri/index.html)で審査され、承認を受けて行われます。

膵臓⼿術後の死亡率は、専⾨施設では⼤幅に減少していますが、合併症発生率は依然として⾼いままです。膵臓⼿術の複雑性と切除範囲、患者の選択、実施施設と外科医の経験すべてが術後の転帰に影響を与えます。さらに近年は⾼齢で合併症を抱えている患者さんが多く、術後の合併症のリスクが⾼くなっています。PancreasGroup.orgの⽬的は、膵臓⼿術の世界的な真の術後合併症率と死亡率を明らかにすることです。第⼆の⽬的は、危険因⼦を特定し、膵臓⼿術後の転帰を改善することです.本研究はClnicalTrial.govに試験登録がおこなわれています。(https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04652271

①利用する試料・情報の項目

  • カルテ情報(年齢、性別、診断名、臨床病期、治療方法、予後に関する情報等)
  • 各種検査結果(血液検査・細菌検査・病理学的検査・画像検査等)
  • COVID-19に感染したことがあるかどうか、などCOVID-19にかかる情報

Royal Free Hospital NHS Foundation Trustへ情報提供します。

②利用する者の範囲

近畿大学病院(外科) 竹山 宜典、松本 逸平、亀井 敬子
研究代表者:Royal Free Hospital NHS Foundation Trust Prof. Giuseppe Kito Fusai

③試料・情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称

近畿大学病院(外科) 松本 逸平

④研究対象者の求めに応じて、研究対象者の試料・情報の利用を停止すること

この研究では、患者様・ご家族様の診療情報が利用されることに同意できず、拒否されたい場合に、下記の方法により、いつでもその利用を停止することが可能です。また、利用の停止を受け付けた場合でも、その後の診療において一切の不利益を受けることはありません。

上記④の求めを受け付ける方法

下記までご連絡ください。なお、この研究に関するすべてのお問い合わせも下記で受け付けます。
[お問い合わせ先]
近畿大学病院(外科 肝胆膵部門) 医学部講師 亀井 敬子
電話:072-366-0221 FAX:072-367-7771

近畿大学病院で膵癌腹膜転移に対する治療を受けられた患者様・ご家族の皆様へ

近畿大学病院(外科)(以下、当科)では、「膵癌腹膜転移に対する有効な治療法を検討するための多施設共同後ろ向き試験」という臨床研究を行っています。そのため、膵癌腹膜転移に対する治療を受けられた患者様の診療情報を使用させていただきますので、以下の内容を確認してください。なお、この研究は、近畿大学医学部倫理委員会(https://www.med.kindai.ac.jp/rinri/index.html)で審査され、承認を受けて行われます。

情報の利用目的及び利用方法

この研究では、膵癌腹膜転移(他臓器転移のない)に対して化学療法を施行した患者さんで、腹腔内治療を行った患者群と全身投与化学療法を行った患者群との間の臨床結果を比較することについて調べることを主な目的としています。そのため、膵癌腹膜転移に対する治療を受けられた患者様のうち、化学療法を行った方を対象として、診療情報のみを研究に利用します。利用する情報は、患者様個人が特定されないように匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。

利用する情報の項目

・カルテ情報(年齢、性別、診断名、臨床病期、治療方法、予後に関する情報)
・各種検査結果(血液検査・細菌検査・病理学的検査・画像検査)

利用する者の範囲

近畿大学病院(外科) 竹山 宜典、松本 逸平、亀井 敬子
関西医科大学(外科) 里井 壯平(本研究の代表者)

情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称

近畿大学病院(外科) 松本 逸平

研究対象者の求めに応じて、研究対象者の情報の利用を停止すること

この研究では、患者様・ご家族様の診療情報が利用されることに同意できず、拒否されたい場合に、下記の方法により、いつでもその利用を停止することが可能です。また、利用の停止を受け付けた場合でも、その後の診療において一切の不利益を受けることはありません。

上記⑤の求めを受け付ける方法

下記までご連絡ください。なお、この研究に関するすべてのお問い合わせも下記で受け付けます。
[お問い合わせ先]
近畿大学病院(外科 肝胆膵部門) 医学部講師 亀井 敬子
電話:072-366-0221 FAX:072-367-7771

このページの最上部へ戻る