一般の方へ 診療案内

ホームへ戻る

食道・胃・十二指腸ワクチン治療

免疫療法(ペプチドワクチン療法)

食道癌の治療法として確立されているのは、現在、外科療法(手術療法)、化学療法(抗癌剤)、放射線療法の3つです。これらの治療法に続く第4の治療法として免疫療法が期待されてきています。

免疫療法とは患者自身の免疫力を高めて、活性化された免疫細胞により癌細胞を攻撃する方法です。免疫療法の中で非特異的に患者の免疫力を高める、細胞免疫療法やサイトカイン療法に対し、ペプチドワクチン療法は選択的に癌細胞を攻撃する、特定のリンパ球だけを増やすことを目指した治療法です。

ペプチドワクチン療法の仕組みとしては、癌に多く発現し、正常組織にはほとんど発現していないペプチド(タンパク質の小さいもの)を患者に投与することにより、癌を攻撃・破壊するリンパ球(細胞障害性T細胞)が、投与されたペプチドと特定のHLA(白血球の型のことで、血液型みたいなもの)を認識し、増殖することにより、癌細胞を殺すこととなります。

現在当院では、いよいよ食道癌ワクチンの薬剤承認に向けて塩野義製薬と協力し、術前化学療法のち手術を施行されたリンパ節陽性食道癌に対する術後補助療法として、腫瘍特異的ペプチドワクチンを用いた免疫療法の治験を行っています。

このページの最上部へ戻る