一般の方へ 診療案内

ホームへ戻る

小児外科先天性横隔膜ヘルニア

先天性横隔膜ヘルニア

生まれつき横隔膜に穴が開いている病気です。

横隔膜とはお腹の中(腹腔)と胸中(胸腔)との間を分ける膜のことですが、この膜に穴が開いているために、本来腹腔内にあるはずの腸や胃、脾臓、肝臓などの臓器が胸腔の中に脱出する病気のことです。

生まれて早い時期に見つかることが多いですが、後になってから見つかる場合もあります。また最近では生まれる前から超音波検査などで見つかる場合が増えてきました。

生まれる場合に横隔膜ヘルニアが見つかった場合には、生まれる前から産婦人科の先生方と一緒に診させていただいて、分娩方法などを検討します。この病気の特徴は呼吸困難やチアノーゼなどの症状が生後早期に出てくる場合は非常に重症であるということです。これは生まれる前から腸などが胸腔内に脱出しているために、胎児の肺の発達が非常に悪くなっているためです。この場合には生まれてすぐから人工呼吸器による呼吸管理が必要で、集中治療を行います。

手術は状態が落ち着いた時期に行いますが、基本的には開腹し、胸腔内に入った臓器を腹腔内に戻した後、穴の開いた横隔膜を縫合閉鎖します。穴が大きく直接縫合することができない場合には人工膜を穴に当てて閉鎖します。

一方で胎児期の肺の発育がそれほど悪くなく生後数日以降に症状が出る場合には、ほぼ全例で救命することができます。症状としては呼吸数が多い、心臓の音が右側に聞こえる、などの呼吸器症状でみつかる場合と嘔吐などの消化器症状で見つかる場合があります。このような場合には私どもの施設では開腹手術ではなく、腹腔鏡などの手術方法を用いるようにしています。

このページの最上部へ戻る